posted by |

こんばんは。

日曜日、行ってきました、新宿花園神社「酉の市」。

3日日曜が一の酉、今年は暦の関係で三の酉まであるんですが、せっかくお休みの日に重なったことだし早い方がよかろう、ってことで。

まずは一年間お世話になった熊手を奉納し、本殿に参拝し、それから新しい熊手を買いに毎年伺っている熊手屋さんのところへ。(葵、毎年同じところで買ってるから熊手屋さんから案内状が届くのです!懇意の熊手屋があるって凄くないですか!?)

今年で4回目、ともなるとこうした縁起物を買うコツっていうか要領もつかんできた感じで、すんなり商談(?)成立。三本締めでしっかり締めて頂きました。

今年は賑やかな七福神がのってる熊手。

どうぞ商売繁盛で年を越せますように<(_ _)>。

 

 

 

新宿ついでに、以前お客様にオススメいただいた居酒屋さんにいってきました。とてもよかったのでご紹介。

新宿三丁目あたりにある「鼎(かなえ)」っていう居酒屋さん。かれこれ40年くらいやってるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

日本酒と旬の肴や大皿料理が楽しめます。

けっこう若い団体からご年配のご夫婦まで、幅広いお客さんがざわざわと地下の店内にひしめいていて、活気があり混雑しているにもかかわらず、どことなくパリッとした空気が流れているお店で、もちろんお酒もお料理も大変美味しい。

 

1合たのむと、こんな素敵な片口に注いでくださいます。

器好きとしてはかなりツボな食器類チョイスだったところも、鼎さん、ポイント高いです。

 

さっきも書きましたが今年は三の酉まであるから、ぜひ酉の市、そこから鼎、この流れ、お勧めします。

 

繁華街って人多くていやだなって普通は思うところだけれど、なぜか酉の市のころの花園神社界隈にいると、寒いのだけれど飾り立てられた神社が赤くてきれいで、適当に酔っぱらってる老若男女が年の瀬の風物詩みたいに見えて(親近感もわきつつ)、よし年末がんばるぞ、飲むぞ!って気分が高まる感じが、とても好きなのです。