posted by |

さて本日の日替わりワインは、3種類目となる

「ドメーヌ・タカヒコ ナナツモリ ピノ・ノワール2013」  glass¥1,450

冷涼な気候、低い降水量、風通しのよさ等、ぶどう栽培にとって理想的な環境の余市。この地に魅せられ「農夫しか造れないワイン」を永続して造ることを目的に移住し、2010年スタートした曽我貴彦氏のワイナリーが「ドメーヌ・タカヒコ」。その自社畑「ナナツモリ」ではピノ・ノワールのみにかけビオで栽培。志高い独自のワイン造りの姿勢で北海道の、日本のワイン造りを牽引する一人です。開けたての驚くほどの薄い色合いが時間と共に濃く変化し、同時に香り、旨みも様々な様子を呈してきます。優しくみえて、非常に芯の強い圧倒的な旨みはさすが!是非お試しを!