posted by |

本日より6月の月末イベント「東京のワイナリー」特集を開催します。

都内にある3つのワイナリーさんから計5種の初夏~夏に向けてのおすすめワインと、江戸時代に書かれたレシピ本がもとになっている料理を参考にした、あっさり和のおつまみ。

蒸し暑くなりビールが美味しい季節ですが、この季節にこそおススメのワイン&おつまみ達。ぜひお試しを。201706東京特集

1)白ワイン 濁りフルーティー

「東京ワイナリー 山形県置賜デラウエア2016」 Glass 950

皮を付け込んで色を醸し出す造りの、やや甘味も感じるにごりデラ。甘い香りで飲み口はすっきり。

2)ロゼワイン すっきりフルーティー

「深川ワイナリー pink blossomスチューベン2016」 Glass 950

青森県五所川原市のスチューベン原料の淡いロゼ。リンゴやライチの香り、丸みのあるフレッシュな味わい。

3)ロゼワイン 濁り旨味

「深川ワイナリー pink blossomスチューベン ノンフィルター2016」 Glass 950

ずばり2のスチューベンの無濾過タイプ。フィルターを通さないことで得られる旨味が余韻に広がります。

☆2と3のワイン飲み比べ1000円(各半量づつ)

4)白ワイン すっきり辛口

Farmer’s CHARDONNAY 2016 City Farm」 Glass 1,000

限定農家のぶどうだけで造るシリーズの一つ。山梨北杜市白州のCity Farmsのシャルドネ。キリッとした鮮烈な酸!

5)赤ワイン 柔らか

Farmer’s MERLOT 2016奥山農園」 Glass 1,000

限定農家のぶどうだけで造るシリーズの一つ。山梨塩山の奥山農園のメルロ。長めの樽熟成を得て、軽やかで落ち着いた味わいに。

フードメニューの「江戸料理」です

1「忍び瓜」 360

叩いて湯がいたキュウリを出汁のきいた酢、醤油、ごま油につけ唐辛子を散らした、ピリ辛あっさりキュウリの漬物。

2「浦里」 400

吉原の花魁の名前から。お気に入りの旦那さまに朝ご飯代わりに作って出したと言われます。卸し大根に梅干し、海苔、わさびなどを添えた、いかにも「和」なのに、不思議とワインにも合ってしまうおつまみです。

3「田楽」 500

ぽったり炊きなおしたお味噌をのせてこんがり焼いた味噌田楽。豆腐とこんにゃく、定番2種盛りです。

4「松風卵」 600

鶏ひき肉と松の実のテリーヌ風の卵焼き。表面をケシの実でおおい、香ばしく焼き上げました。おせち料理にもなる縁起のよい料理。

7月8日までの特集です。お待ちしています!