posted by |

こんばんは。

本日より、いつもより長く2週に亘って、ワインバーとしてはかなり王道「生ハム・サラミとワインを楽しむ2週間」を開催します。

フランス、イタリア、スペイン、オーストラリア、日本。

ワイン、生ハム類に共通する「熟成」というキーワード。

それぞれの国のワインとその国で造られる加工肉の相性の良さ。ご堪能ください。

生ハム・サラミとワインを楽しむ2週間のワイン一覧

1.イタリア  赤のスパークリング

「メディチ コンチェルト ランブルスコ セッコ2016」 700

イタリアで生ハム類に、といったらずばりランブルスコ。肉の甘さを引き立てるわずかな渋みと赤い果実味。赤い肉を連想させる真紅のスパークリング。

 

2.フランス  白ワイン

「ローランシュミット シルヴァネール グランA2016 1000

ドイツに近い仏アルザス。そこで造られる白ワインは様々なハーブや甘い花の香りが特徴的。奥深いスパイス薫るソシソン(ソーセージ)に良く合います。

 

3.日本  赤ワイン

「羆の晩酌2015 900

北海道、富良野ワインが生み出した山ぶどうの交配品種がメインの赤。山ぶどうならではのスパイシーさと酸、素朴な果実味。この独特の野趣が乾いた熟成肉であるサラミと良く合います。

 

4.スペイン  赤ワイン

テンプラニーリョ バイアルタディ リオハ2015」1100

クラシックさとモダンが融合した、注目生産者アルタディのリオハ。乾いた土のニュアンス、赤い果実味。イベリコの赤い乾いた旨味との相性は最高。

 

5.オーストラリア  赤ワイン       1100

「ジムバリー ロッジヒルシラーズ2014

明るく濃いオーストラリアンシラーズ。完熟した黒い果実味とバニラのニュアンス、余韻には清涼感も。ラム肉のちょうどよいクセがぴったり。

 

6.○○○○○○○○??????????

加工肉に合わせて、特別なお酒をご用意します!!

 

「生ハム・サラミとワインを楽しむ2週間」の生ハム盛り合わせ

1.イタリア

「グアンチャーレと金柑のグリル」 680

豚のほほ肉(豚トロ)の塩漬けがグアンチャーレ。熱を加えて溶け出す脂の旨味。金柑を包んでさっとグリルに。

 

2.フランス

「ソシソンセック」 870

様々なスパイスが巧みに練りこまれたブルターニュ産のドライ・ソーセージ。

 

3.日本

「サラメビアンカクラッシコ」 620

品川区戸越で伊出身の職人が腕を振るう「サルメリア・アンティコ」さんが造る伝統的なサラミ。黒胡椒たっぷり。

 

4.スペイン

「ハモンイベリコ」 1080

貴重なイベリア種の黒豚の生ハム。牛肉のような濃い赤色ときめ細かな脂肪。口の温度で薫りながらとろける脂と熟成由来の甘味。

 

5.オーストラリア

「ラムの生ハム」 870

ラム肉ならではの香りと、脂よりも肉の旨味が前面に感じられる赤身の生ハム。