posted by |

こんにちは。

本日より1週間「春ワイン 春野菜」と題した特集開催です。

春はこれでもか!ってくらい旬の野菜が次々出てきて、あれもこれも、なんて思ってもなかなか通常メニューにのせきれない。ならばその野菜たちをメインに、野菜にあう味わいのワインをセレクトした特集となりました。

ぜひこの時期ならではの幸せな組み合わせ、お楽しみください。

2018春ワイン

 

1)微発泡・赤 / タケダワイナリー / 山形県 上山市 

「サン・スフル赤2016」  glass \950

天童市の栽培グループによるマスカット・ベーリーAを使用し、サン・スフル(亜硫酸不使用)で仕上げました。無濾過、生詰めならではのブドウ本来の旨味、味わいが堪能できます。フレッシュな赤い果実の香り、いきいきとした酸を楽しめます。

 

2) 白ワイン・爽やか / 小布施ワイナリー / 長野県 上高井郡小布施町 

「オーディネール ソーヴィニヨンブラン2017」  glass \950

国産ワイナリー最高峰の一つ小布施ワイナリー。このワインには小布施ワイナリー隣接のドメーヌカクトウのブドウを使用。レモンや白桃、和柑橘のフレーバーと爽やかでほろ苦さのある後味。緑のお野菜に是非。

 

3)ロゼワイン・爽やか / ベリーブラザーズ&ラッド / スペイン カリニェナ

「マーチャンツ・ロゼ カリニェナ2016」 glass \750

創業300年以上を誇る英国最古のワイン商「ベリーブラザーズ&ラッド」が世界中の銘醸地から厳選した現代的でコストパフォーマンスの良いワインを選んだ自社製品のシリーズです。スペインの北東部、カリニェナで造られるグルナッシュの、赤いフルーツを思わせるチャーミングで豊かな香りのドライロゼ。

 

4)白ワイン(微発泡)・華やか / ドイツ モーゼル / リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン 

「トロセッコ2015」  glass \1100

栽培、収穫、醸造は全て手作業。天然酵母による発酵、酸化防止剤は極力使用を控えている自然派の生産者。リースリングらしい白い花の華やかな香り、豊かなミネラル感とバランスの良い酸、旨味が詰まっています。

 

5)赤ワイン・旨味 / イタリア マルケ / ボッカディガッビア

「ボッカディガッビア ロッソ・ピチェーノ2013」  glass\1000

試飲会で飲むたびに外さない味わいの良いワインだなと思っていたのですが、なぜかオンリストが遅れていました。派手さはないものの、口に含むと柔らかく、じわじわと落ち着いた旨味が広がります。不思議なことに生き生きとしたフレッシュさも感じます。ついついお代わりが欲しくなるワイン。

 

春野菜のおつまみ

1.「うどのピクルスときんぴら」  420

山うどのしゃっきりした食感のピクルスと皮の滋味たっぷりのきんぴら。

2.「そら豆ペコリーノ」 720

そら豆を薄皮ごとオーブンで焼き、塩味が強くて旨い羊チーズ「ペコリーノロマーノ」のスライスを添えて。

3.「色鮮やか緑色やさいのパルミジャーノサラダ」  720

緑色が鮮やかな春野菜たちをパルミジャーノで和えた、シンプルなのが美味しい温サラダ。

4.「新じゃが芋のスパニッシュオムレツ風」 720円 

 マッシュした新じゃが、新玉ねぎ、ベーコン、たっぷりチーズ。間違いない組み合わせのスペイン風オムレツ。