posted by |

がらっと替わりました。本日の「決算特集part2」グラスワインです。数量限定ワインもあります、無くなってたらごめんなさい・・・

1.白ワイン 

「本日のグラスワイン」 1,000円~

少量入荷のワインなどをご紹介していきます。詳細はスタッフにお尋ね下さい。

本日は今注目の南アフリカのナチュラルワイン、「ラムズフック シュナンブラン」です!

2.白ワイン 辛口/ フランス・ブルゴーニュ アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール

「ブルゴーニュ・シトリー2013」 1,350円

シャブリ地区にある、夫婦2人の蔵元。手摘み収穫、古樽発酵、シュール・リー、無濾過、SO2極力排除、といわゆる自然派の造りですが、キリッとした酸と、ゆるくない果実味が北の産地ならでは。飲み進むにつれ、旨みとボリューム感が現れます。

3.赤ワイン 辛口・エレガント / フランス・ブルゴーニュ ドメーヌ・ド・ベレーヌ

「ブルゴーニュ・ルージュVV メゾン・デュー2014」 1,200円

実力のある生産者、ニコラ・ポテルのワインです(本人の名前を冠したワインは他社に売却)。リュットレゾネで栽培されたヴォルネイ、ポマール、シャンボール・ミュジニイにある自社畑のブドウを使用。樹齢は平均で66年。味わいは優しく、ナチュラルで複雑。近年のブルゴーニュ・ピノの中でもコスパ良しです。

4.赤ワイン 辛口・ミディアム / フランス・ボルドー シャトー・フォンレオー

「シャトー フォンレオー1997」 1,300円

ボルドーのリストラック・メドックに位置するシャトー。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティヴェルドのブレンド。かつてイギリス王アンリ2世夫妻が立ち寄り、泉の水で喉の渇きを癒したという逸話があり、「王の泉・フォンテーヌ・レオー」から名付けられたと言われます。飲み頃を迎えたボルドーの魅力をご堪能下さい。

5.赤ワイン 辛口・ミディアム / イタリア・トスカーナ ウッチェリエラ

「ロッソ・ディ・モンタルチーノ2015」 1,200円

ブルネロの生産者の中で、十指に入ると言われる蔵元の一つ。殺虫剤や薬剤などを使用しないブドウ栽培を行っております。ブルネロの弟分であるこのワイン、同蔵では基本的には熟成期間だけの違いとなっています。ベリー系の果実とスミレ、スパイス・・今回是非オンリストしたかったワインの一つです。是非お試しください。

posted by |

先月の日本ワイン編に続きまして、第2弾海外ワイン編のスタートです。日本編と同様に、本数が少ないものもありますので、気になる方はお問い合わせください。飲み逃し注意のラインナップです!

1.白ワイン 

「本日のグラスワイン」 1,000円~

少量入荷のワインなどをなくなり次第ご紹介していきます。詳細はスタッフにお尋ね下さい。

本日は、フランスはアルザスの生産者、トリンバックのゲヴェルツトラミネールです。

2.白ワイン 辛口・ふくよか/ カリフォルニア オー・ボン・クリマ

「シャルドネ ミッションラベル2015」 1,400円

オーナーのジム・クレデネンが1982年に設立、その後瞬く間に人気、評価が急上昇。現在ではカリフォルニア、特にピノやシャルドネを語る上で外せないトップ生産者の一人です。果実味と酸のバランス、メリハリがあり、かつ爽やか。開けたてから広がりを魅せる大輪の花のような印象。

3.赤ワイン 辛口・エレガント / ドイツ ヴァイングート・エンデルレ・ウント・モル

「ピノ・ノワール バーズィス2016」 1,200円

近年評価の高まっているドイツのピノをご紹介。南西部バーデンで2007年創業の新進ワイナリー。人為的な介入を極力せず、飲み疲れしないワインを目指しています。透明感のある色合い、柔らかく旨味溢れる薄旨系。

4.赤ワイン 辛口・ミディアム / フランス シャトー・フォンレオー

「シャトー フォンレオー1997」 1,300円

ボルドーのリストラック・メドックに位置するシャトー。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティヴェルドのブレンド。かつてイギリス王アンリ2世夫妻が立ち寄り、泉の水で喉の渇きを癒したという逸話があり、「王の泉・フォンテーヌ・レオー」から名付けられたと言われます。飲み頃を迎えたボルドーの魅力をご堪能下さい。

5.赤ワイン 辛口・ミディアム~ / イタリア イル・パラディソ・ディ・マンフレディ

「ロッソ・ディ・モンタルチーノ2016」 1,900円

最高峰のブルネロを造ると言われる蔵元の一つ。薬剤などを使用しないブドウ栽培、伝統的な醸造を行い酸化防止剤も最低限の添加となります。本来ブルネロしか造らない蔵元で、このワインは顧客用にブルネロを早く瓶詰めしたもの。某インポーターの社長さんが他社のワインで箱買いするのはこのワインだけ・・という噂がある程。知る人ぞ知る逸品です。

そして、フードメニュー!「フレンチビストロ風特集」です!

1.「豚肉のリエット」 620円

  肩ロースと鮮度の良い背脂を柔らかく煮込みペースト状に。黒胡椒をたっぷりと効かせます。 

2.「具沢山キャロットラペ」 620円

  仏お惣菜大定番のキャロットラぺにレンズ豆、クルミ、クランベリーを加え華やかに。 

3.「キノコのキッシュ風オムレツ」 870円

  卵、生クリーム、バター、チーズ。さらにキノコの旨味が+。フランス王道の組み合わせ。 

4.「鶏手羽元とじゃが芋のコンフィ」 1000円 S620円

  オイルの中でゆっくり3時間。ほろほろの手羽元とホクホクのじゃが芋。

お待ちしています!

2018 新酒特集!

11月
2018
15

posted by |

葵としては「この季節がやってきました!」という気持ちです。ここから年末の最終日まで一気に駆け抜ける日々。そのスタートを飾る新酒に関してはなんだかんだ言われますが、この時期のワインにしかない特別な魅力があると思っています。是非、お楽しみ下さい!

1.LEROY Beaujolais Village primeur2018

ルロワ ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2018  1,650yen

やはりルロワ、風格があります。詰まった味わい。

2.Vinifie par junko aria Beaujolais Village Nouveau2018

ヴィニフィエ・パ・ジュンコ・アライ(新井順子)

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2017   1,000yen

芯のある味わいにアロマティックな香り、造り手も自信の出来栄え!

 3.Le Clos du Tue-Boeuf Vin Nouveau Rouge2018

ル・クロ・デュ・テュエ・ブッフ

ヴァン・ヌーヴォー・ルージュ2018   1,200yen

ロワールらしい美しい酸と品種の個性が際立つ、旨味のある1杯。

4.Maison Pierre Olivier Bonhomme Vin Nouveau Blanc2018

ピエール=オリヴィエ・ボノム ヴァン・ヌーヴォー・ブラン2018 1,100yen

ロワールでソーヴィニヨン・ブラン種から造られる柔らかくキレのある白新酒!

 5.Domaine Landron Muscadet Nouveau 2018

ドメイヌ・ランドロン ミュスカデ・ヌーヴォー2018 1,000yen

ロワールの新酒。柑橘系の香りと豊かな果実味が魅力的!

 

今年もやります!

Tasting wine set  2,100yen

5種類すべてを、テイスティンググラスサイズ(40CC)でお楽しみいただけます。

そしておつまみは・・・

新酒に合わせて 「チーズプレート 3種盛り合わせ」    1,300

・サントモール・ド・トゥーレーヌ  ロワールの山羊チーズ 

・デリス・ド・ブルゴーニュ  フレッシュなクリーミー白かび

・コンテ12か月  ナッティな山のセミハード

 *山羊チーズがお苦手な方は、代わりに同郷ロワールのソフトウォッシュでも盛り合わせ承ります。