甲州特集!

7月
2018
23

posted by |

本日より1週間、毎夏恒例の「甲州特集」開催します。

今年のテーマは「造りのちがい」です。

定番となっているシュール・リーをはじめ、柑橘のアロマを意識した造り、皮を浸漬して造るオレンジワインのスタイル、などなど。

猛暑の中、すっきり引きしまった味わいの甲州は癒してくれる存在。

夏野菜を中心にしたおつまみとあわせて是非お楽しみください。

 

甲州一覧

1.スパークリング  ルミエールワイナリー(山梨)

「ルミエール スパークリング甲州2015」  1,250円

笛吹市一宮町、南野呂のワイナリー周辺の最も基本となる畑から採れた甲州を瓶内発酵で仕込んだスパークリング。和柑橘の清々しい香りと細かい泡。

2.柑橘  盛田甲州ワイナリー(山梨)

「シャンモリ柑橘香甲州2017」 950円

甲州の持つ柑橘の香りを最大限に引き出すよう、栽培の段階から特別に仕込んだ甲州。華やかなグレープフルーツのような香りと引き締まった酸。

3. 酒井ワイナリー(山形)

「BIRDUP鳥上坂 甲州2016」 1,100円

山形天童市と南陽市の甲州を醸造後、樽で1年間熟成。北の冷涼な産地ならではのしっかりした酸が底支えする、奥行きの感じられる甲州。

4.オレンジ  COCOファーム&ワイナリー(栃木)

「甲州F.O.S 2015」 1,250円

薄紫色した甲州の皮を最大限生かし、赤ワインを造るように皮ごと発酵させた甲州。近年注目の「オレンジワイン」のスタイル。紅茶のような芳香と渋み。

5.シュール  丸藤葡萄酒(山梨)

「ルバイヤート甲州2016*ろ過 」 950

「ルバイヤート甲州2016*無ろ過」 1,100円

甲州の代名詞と言える丸藤の甲州。澱と共に数か月寝かせて、澱由来の芳ばしさ、厚みを施す「シュール・リー」製法。今回はその「ろ過」と「無ろ過」の2種類をご用意。キレのある「ろ過」と旨味のある「無ろ過」。  *2種類の飲み比べもできます  各半量づつ(60ml)1,100円

夏野菜特集

好評だった春野菜に続いて、今回は夏野菜たっぷりメニュー
甲州を意識して和の調味も取り入れました。

1.「彩野菜の出汁焼浸し」 720円  生姜の効いた鰹出汁で浸した彩野菜。

2. 根菜のきんぴら」 650円  牛蒡や人参にドライトマトをプラス。旨味系甲州にぜひ。

3.「サルサマリネサラダ」 720円  ピリ辛のトマトサルサで緑野菜をマリネ。さっぱり。

4.「とうもろこしのガレット」 650円 葵の夏の定番、チーズたっぷりガレット。

posted by |

本日より、ロシアで開催のサッカーにちなみまして、ロシアワインをはじめとした出場国のワインを特集します。サッカー好きのマスターが1次リーグ突破するにちがいない!と予想した国のラインナップ。

あわせておつまみも国際色豊かにご用意しています。どうぞお楽しみください。

ワールドカップ出場国のおすすめワインたち

1.スパークリング  イギリス   ベリーブラザーズ&ラッド

「BBR マーチャンツ イングリッシュ・スパークリング2010」  1600yen

近年品質の向上が著しいイギリスのスパークリングワイン。冷涼な気候ならではの伸びやかな酸と熟成のコク。シャンパーニュに匹敵する味わいです。

2.白ワイン  ロシア   クバン・ビノ・ワイナリー 

「シャトー・タマーニュ・セレクト・ブラン2016」  900yen

ロシアでは温暖な黒海北沿岸部、タマン半島に位置し、ロシア伝統品種に注力するワイナリー。ルカッチテリ、シトロニー・マガラッチャの2種のぶどうのブレンド。穏やかな果実味とすっきりした飲み口の白。

3.白ワイン  フランス   メゾン・カミーユ・ジルー 

「ブルゴーニュ・ブラン2014」  1200yen

長期熟成のブルゴーニュで知られるカミーユ・ジルー。ブルゴーニュの複数の畑の買いぶどうを樽の風味を控えめに醸造。近年最良の年として知られる2014。ふっくらした余韻。

4.赤ワイン  ドイツ   ヴァイングート・エンデルレ・ウント・モル 

「ピノ・ノワール バーズィス2016」  1200yen

ドイツ南西部バーデンで2007年創業の新進ワイナリー。人為的な介入を極力せず、飲み疲れしないワインを目指しています。透明感のある色合い、柔らかく旨味溢れる薄旨系。

5.赤ワイン  スペイン    ボデガス・イ・ヴィニェードス・アルタス

「ガルナッチャ バイ アルタス ティント2015」 1000yen

モダン・リオハで世界的に有名な「アルタディ」のオーナーがガルナッチャ種の可能性を求めナバーラで新たにスタートしたワイナリー。甘い完熟した果実味とバニラの香り、丸い酸、厚みがある飲み応え。

6.赤ワイン  アルゼンチン  フィンカ・ラス・モラス 

「ブラックラベル・マルベック2016」  1000yen

ブドウ栽培に恵まれた環境のアルゼンチン。そこの高品質ワインのパイオニア、ラス・モラス。熟したプラムやローストコーヒー、カカオのニュアンス。太陽の力を感じる明るい赤ワイン。

.「ベルーガ ノーブル」 (ウオッカ・45ml)  1100yen

 

フードメニュー

1.コロネーションチキン 720円 

エリザベス2世女王の戴冠式を祝って考案されたイギリス発祥の伝統料理。カレー風味のソースで和えた鶏肉のサラダ仕立て。

2.ロシア風水餃子ペリメニ サワークリーム添え  620円

自家製の皮で合いびき肉のタネを包み水餃子に。サワークリームとディルでさっぱりと。

3.ローストビーフ チミチュリソース  1250円(S 820円)

ハーブとビネガーの効いたアルゼンチンの万能ソース、チミチュリでマリネした和牛ローストビーフ。

4.ドイツ、フランス、スペイン、3か国チーズ盛り合わせ  1300円

ブルー、フレッシュ、ハードのバラエティ豊かな3種類のチーズの盛り合わせ。

posted by |

以前からマスターがどうしてもやりたがっていたマニアック企画、樽の違いによってワインはどのように変わるのか、を試したく。

「CHATEAU JUN 甲州2016 樽違い 飲み比べ」

開催します。シャトー・ジュン 樽違い甲州 左からフレンチ、アメリカン、アカシア

山梨勝沼町のシャトー・ジュンさんがヴィンテージ、畑、栽培、醸造などを同じで造った甲州、最後に寝かせる樽の種類だけがフレンチオーク、アメリカンオーク、アカシア、と異なる3種類のワイン。

今回ジュンさん側としても初の試みで樽違いでリリースしたものを少量入荷できたので、本日よりワインがなくなるまでミニイベントとしてお出しします。(普段はブレンドして甲州樽熟成としてリリースしている模様)

正直一番楽しみに入してるのは自分たちかも、ですが、なかなかない機会だと思うのでぜひお楽しみいただければと思います。

1.シャトー・ジュン甲州 フレンチオーク樽熟成2016

フレンチオークはしっとりと甘いバニラのような香りが特徴。最も一般的な樽熟成スタイル。

2.シャトー・ジュン甲州 アメリカンオーク樽熟成2016

アメリカンオークはより濃厚な甘い香辛料やココナツのニュアンス。トロピカルな雰囲気。

3.シャトー・ジュン甲州 アカシア樽熟成2016

ワイン熟成用としては珍しいアカシア。オークより材質が緻密なため、より繊細な樽香、果実味が豊か。

 

 グラス(120ml)1000円  3種類テイスティングセット(各40ml) 1100円