posted by |

こんにちは。

本日より1週間、毎月恒例のご当地ワイン企画、今回は「国産ワインコンクール受賞ワイン特集」で開催します。

このコンクール、年1度毎年夏に開催されるもので今年で10回目を数えます。

日本では最大規模のコンクールで全国のワイナリーが総勢300種以上のワインを出品、それらを国内外のプロフェッショナルな立場の審査員が審査。「欧州系品種」や「国内改良等品種」「スパークリング」などの部門に分け、金、銀、銅の各賞を選別します。

 

その一般公開テイスティング会に葵マスターが参加してきました。それら複数の受賞ワインを飲み比べ、印象深い、美味しいワインを今回のご当地で揃えてご紹介していきます。

 

 

さっそくワインリストです。

(写真左⇒右の順で①~⑥ ①だけまだお店未到着なので写真ありません、スミマセン)

①北海道・はこだてわいん『香り仕込みケルナーSparkling2011』(スパークリング・辛口)   グラス¥1,000

≪スパークリング部門 最高賞・銀賞≫

北海道余市の制約農園産のケルナー種を100%使用。ぶどう本来のフレッシュな香りとフルーティーさを楽しめる軽快なスパークリング。

 

②岩手・エーデルワイン『五月長根葡萄園2011』 (白・辛口・フルーティー)    グラス¥950

≪国内改良白品種部門 銅賞≫

国産ワインコンクールをはじめ数多くのコンクール、メディアで話題を集める、岩手花巻のエーデルワインを代表する白。リースリングリオン種100%の柑橘系の果実香が爽やか。

 

③山梨・甲斐ワイナリー『かざま甲州Sur Lie2011』 (白・辛口・すっきり)    グラス¥900

≪甲州 中・甘口部門 銀賞≫

天保5年(1834年)創業の老舗、甲斐ワイナリー。勝沼の甲州種をつかい旨味を抽出するシュール・リー製法で作られた白。ほんのりとした甘味を感じるクリアな味わい。

 

④長野・株式会社アルプス『ミュゼ・ドゥ・ヴァン 松本平ブラック・クイーン2008』 (赤・辛口・ミディアムボディ)   グラス¥850

≪国内改良等赤品種部門 金賞≫

長野、塩尻のワイナリー、アルプス。ブラッククイーン種は日本で開発された交配品種です。名前の通り黒に近い鮮やかな紫色で、12か月の樽熟成により明るいベリー系の果実味あるあじわい。程よい飲みごたえもあります。

 

⑤山梨・フジッコワイナリー『フジクレール メルロー2009』 (赤・辛口・ミディアムボディ)   グラス¥950

≪欧州系品種 赤 銀賞≫

お豆、佃煮のフジッコのワイナリー。山梨勝沼にて栽培されたメルローを丁寧に仕込み12か月新樽を中心に樽熟成させています。ふくよかな旨味とほどよい渋みがバランスのよい、ゆったりとした赤。

 

⑥秋田・シャトー・メルシャン『日本の地ワイン 大森リースリング2011』 (白・やや甘口・軽やか)   グラス¥800

≪欧州系品種 白 銀賞≫

秋田南部の横手市大森地区の冷涼な気候の下、メルシャンの契約栽培農家がつくる、日本ではまだめずらしいリースリング種100%のやや甘口ワイン。ここちよいフレッシュで酸のある爽やかな味わい。

 

つづきましてFOODメニュー。今回は「葵 秋のパンまつり」と称して…色々な具材をのせたオープンサンド特集!!

土台のパン、バケットはもちろんお隣り、関口パンさんです。

 

①「長ねぎのマスタード風味 パルミジャーノチーズのせ」 ¥250

粒マスタードの上にバターでソテーした長ねぎをのせて、パルミジャーノをふってオーブンでトースト。

②「黒胡椒風味クリームチーズ“ブルサン”とスモークサーモン」 ¥300

ぴりっとした黒胡椒が決め手のクリームチーズと相性バツグンのスモークサーモン。定番です。

③「洋梨とゴルゴンゾーラ はちみつを隠し味に」 ¥300

洋梨+ブルーチーズ+はちみつ。これはもう黄金のトリプルマリアージュ♪美味しい。

④「合鴨スモークとしゃきしゃき蓮根 チェダーチーズのせ」  ¥350

ホワイトソースの上に合鴨、レンコン、チーズ、とボリュームたっぷり。赤ワインにぜひ!!

 

日本ワインの最前線ともいえるラインアップ、どうぞお楽しみください。