ワイン

まだ16時過ぎなのに外、真っ暗ですね。妙な生暖かさ、雨、風も強い、、、。これは暇な一日の予感。 今日のグラスワインを並べてみました。 日本ワインの他、スペインルエダのヴェルデホ、オーストリアのツヴァイゲルト、南仏のローヌブレンド赤、イタリアのランゲネッビオーロ。 諸外国のワインもいろいろ揃えて、今週もスタートです。 雨宿りにでも、よろしければお立ち寄りください。お、、、
29 11月 2022

グラスワイン いろいろ

まだ16時過ぎなのに外、真っ暗ですね。妙な生暖かさ、雨、風も強い、、、。これは暇な一日の予感。 今日のグラスワインを並べてみました。 日本ワインの他、スペインルエダのヴェルデホ、オーストリアのツヴァイゲルト、南仏のローヌブレンド赤、イタリアのランゲネッビオーロ。 諸外国のワインもいろいろ揃えて、今週もスタートです。 雨宿りにでも、よろしければお立ち寄りください。お、、、

新酒特集スタートです。 ○フランス ボージョレ地方 「ルロワ ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2022」 2000円 「ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2022」 1500円 ○日本 山形県 「ベルウッドヴィンヤード ヴァン・ペティアン デラウェア・ブラン2022」 950円 ○日本 山梨県 「駒園ヴィンヤード ペティアン ロゼ2022」 850円 「マンズワイン 甲州 醸し2022」 850円 毎年大好評のテイスティングサイズセット、こちらもご用意しています。 40m×5種類 2600円 今年はもろもろの理由から、、、
17 11月 2022

新酒特集

新酒特集スタートです。 ○フランス ボージョレ地方 「ルロワ ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2022」 2000円 「ジョルジュ・デコンブ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2022」 1500円 ○日本 山形県 「ベルウッドヴィンヤード ヴァン・ペティアン デラウェア・ブラン2022」 950円 ○日本 山梨県 「駒園ヴィンヤード ペティアン ロゼ2022」 850円 「マンズワイン 甲州 醸し2022」 850円 毎年大好評のテイスティングサイズセット、こちらもご用意しています。 40m×5種類 2600円 今年はもろもろの理由から、、、

11月も半ばになってきたのに暖かい日が続きますね。神田川界隈、紅葉してるかなと思い寄ってきましたがまだそこそこ。でもとても晴れていて気持ち良いです。 特集もいよいよ今日まで。 今日のスペシャルはこちら。 「小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ サンシミ ヴォルプチュー2017」 フランス語で「官能」の意味のヴォルプチューと題した、欧州品種ブレンドの赤ワイン。 赤い可憐な風味、香木、なめし革、落ち着いた雰囲気。図らずも晩秋を思わせる味わい。 今回特集でお出ししたワインた、、、
12 11月 2022

特集 最終日

11月も半ばになってきたのに暖かい日が続きますね。神田川界隈、紅葉してるかなと思い寄ってきましたがまだそこそこ。でもとても晴れていて気持ち良いです。 特集もいよいよ今日まで。 今日のスペシャルはこちら。 「小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ サンシミ ヴォルプチュー2017」 フランス語で「官能」の意味のヴォルプチューと題した、欧州品種ブレンドの赤ワイン。 赤い可憐な風味、香木、なめし革、落ち着いた雰囲気。図らずも晩秋を思わせる味わい。 今回特集でお出ししたワインた、、、

今週も引き続き特集開催です。 金井醸造所は1本、赤のみ。 「ヴィノダ天神万力2019」 マスカットベーリーAとカベルネソーヴィニヨンのブレンド。 小布施ワイナリーは白1、赤2種類。 「ドメーヌ・ソッガ ノマンデシ2021」 ソーヴィニヨンブラン他、アロマティック品種ブレンド。 「ソガ・ペール・エ・フィス シラー&ピノ・ノワール クレレ2019」 淡い色合いでこれが、、、
07 11月 2022

特集 大好評です

今週も引き続き特集開催です。 金井醸造所は1本、赤のみ。 「ヴィノダ天神万力2019」 マスカットベーリーAとカベルネソーヴィニヨンのブレンド。 小布施ワイナリーは白1、赤2種類。 「ドメーヌ・ソッガ ノマンデシ2021」 ソーヴィニヨンブラン他、アロマティック品種ブレンド。 「ソガ・ペール・エ・フィス シラー&ピノ・ノワール クレレ2019」 淡い色合いでこれが、、、

文化の日、祝日営業です。 小布施ワイナリーの今日の1本。 「ドメーヌ・ソッガ ヴァンサンシミ カベルネ・フラン2016」 小布施の自社畑ではメルロやカベルネソーヴィニヨン、タナ、バルベラなど欧州品種を多種育てていますが、過去に飲んだ経験から、中でもフランは特に完成度が高いと思います。 赤い可憐な果実、小梅やプラムの味わいに紫蘇のようなニュアンス。フランの青い要素や小布施特有のお出汁っぽさは控えめ、渋みが細かく滑らか。ドライフルーツや紅茶のような余韻。 2016年、6年熟成、、、
03 11月 2022

「ドメーヌ・ソッガ ヴァンサンシミ カベルネ・フラン2016」

文化の日、祝日営業です。 小布施ワイナリーの今日の1本。 「ドメーヌ・ソッガ ヴァンサンシミ カベルネ・フラン2016」 小布施の自社畑ではメルロやカベルネソーヴィニヨン、タナ、バルベラなど欧州品種を多種育てていますが、過去に飲んだ経験から、中でもフランは特に完成度が高いと思います。 赤い可憐な果実、小梅やプラムの味わいに紫蘇のようなニュアンス。フランの青い要素や小布施特有のお出汁っぽさは控えめ、渋みが細かく滑らか。ドライフルーツや紅茶のような余韻。 2016年、6年熟成、、、

お待たせして申し訳ありませんでした。特集やらないの?とご指摘何度か頂き誠に恐縮です。楽しみにしてくださっている方が確かにいる、というのが改めて励みになります。 「小布施ワイナリー&金井醸造所 特集」 今回は金井醸造所のワインがかなり限られているので、その分小布施、熟成させていたバックヴィンテージ、今は生産されていないワインも放出します。 また小布施の日本酒もオンリスト。こちらはコロナ前に仕入れたものでずっとお出しできる機会がなく、図らずも熟成日本酒となりました。 少数多品目での特集となるため内容は都度変わっていきます。今日は何があいてるの?と気になる方はお問い合わせください。 なるべくネット上にも目玉はアップしてい、、、
01 11月 2022

小布施ワイナリー&金井醸造所 特集

お待たせして申し訳ありませんでした。特集やらないの?とご指摘何度か頂き誠に恐縮です。楽しみにしてくださっている方が確かにいる、というのが改めて励みになります。 「小布施ワイナリー&金井醸造所 特集」 今回は金井醸造所のワインがかなり限られているので、その分小布施、熟成させていたバックヴィンテージ、今は生産されていないワインも放出します。 また小布施の日本酒もオンリスト。こちらはコロナ前に仕入れたものでずっとお出しできる機会がなく、図らずも熟成日本酒となりました。 少数多品目での特集となるため内容は都度変わっていきます。今日は何があいてるの?と気になる方はお問い合わせください。 なるべくネット上にも目玉はアップしてい、、、

朝晩、だいぶ冷え込んできました。昨日、とても素敵な柄の上着を羽織っていらしたお客様がいて、本格的に寒くなる前しか活躍できないから今だけなんだけどー、と。確かにそう。秋は短いから今しか着られない服を楽しもうと気づかされました。 ワインにも季節感がありますね。今日のグラスワインからだとおすすめはシラー、シラーズ。 南仏ローヌ特有の野生味あるものは冬のイメージ。今だとオーストラリアシラーズのような充実した明るい果実味主役のワインが美味しく感じます。 今日はシラー、シラーズが両方開いているのでご紹介。 「ウェイクフィールド ジャラマン・シラーズ2019」 タツノオトシゴ、がシンボルマークという、なぜ?な南オーストラリアのワイナリー。ジャラマン、がアボリジニの言葉でタツノオトシゴだそう。 有数の名醸地クレア・ヴァレーとマクラーレンヴェールのシラーズをブレンド。 熟した赤いベリーとチェリーフルーツ、ミント、黒オリーブとスパイスの香り。ビターな樽のニュアンスが後から広がります。 「ヤルデン シラー2018」、、、
21 10月 2022

シラーズとシラー

朝晩、だいぶ冷え込んできました。昨日、とても素敵な柄の上着を羽織っていらしたお客様がいて、本格的に寒くなる前しか活躍できないから今だけなんだけどー、と。確かにそう。秋は短いから今しか着られない服を楽しもうと気づかされました。 ワインにも季節感がありますね。今日のグラスワインからだとおすすめはシラー、シラーズ。 南仏ローヌ特有の野生味あるものは冬のイメージ。今だとオーストラリアシラーズのような充実した明るい果実味主役のワインが美味しく感じます。 今日はシラー、シラーズが両方開いているのでご紹介。 「ウェイクフィールド ジャラマン・シラーズ2019」 タツノオトシゴ、がシンボルマークという、なぜ?な南オーストラリアのワイナリー。ジャラマン、がアボリジニの言葉でタツノオトシゴだそう。 有数の名醸地クレア・ヴァレーとマクラーレンヴェールのシラーズをブレンド。 熟した赤いベリーとチェリーフルーツ、ミント、黒オリーブとスパイスの香り。ビターな樽のニュアンスが後から広がります。 「ヤルデン シラー2018」、、、

昨日銀座まで試飲会に行ってきました。1社だけなのに200アイテム以上、怒涛の数をためして久しぶりに歯に染みる痛み、ワインは酸が、強いから職業病、懐かしかったです。 フランスのもの中心にいろいろ見つけてきたので今後ご紹介していきますね。 ただいまのグラスワインからおすすめ。 イギリスのワイン商、ベリーブラザーズ&ラッドが手がける 「ホワイト・バーガンディ2020」 英語表記のバーガンディ、つまりブルゴーニュ・シャルドネ。   bbrがブルゴーニュの生産者に依頼してリリース、、、
06 10月 2022

ホワイト・バーガンディ

昨日銀座まで試飲会に行ってきました。1社だけなのに200アイテム以上、怒涛の数をためして久しぶりに歯に染みる痛み、ワインは酸が、強いから職業病、懐かしかったです。 フランスのもの中心にいろいろ見つけてきたので今後ご紹介していきますね。 ただいまのグラスワインからおすすめ。 イギリスのワイン商、ベリーブラザーズ&ラッドが手がける 「ホワイト・バーガンディ2020」 英語表記のバーガンディ、つまりブルゴーニュ・シャルドネ。   bbrがブルゴーニュの生産者に依頼してリリース、、、

日本ワインコンクール特集、今週は「垂直テイスティングセット」を行っています。 先日ご案内して反響の良かったマンズワイン。 その畑違いの「ソラリス 小諸メルロー」を今回のコンクールで金賞を獲得した2018年、と、葵で熟成させた2013年。 この2種類の60mlずつの飲み比べセットです。 日本で作られるボルドースタイルの最高峰だと思います。 2400円と高額のセットですが、ご興味のある方、ぜひお試しください。 よろしくお願いいたします。
28 9月 2022

ソラリス小諸メルロー 垂直テイスティング

日本ワインコンクール特集、今週は「垂直テイスティングセット」を行っています。 先日ご案内して反響の良かったマンズワイン。 その畑違いの「ソラリス 小諸メルロー」を今回のコンクールで金賞を獲得した2018年、と、葵で熟成させた2013年。 この2種類の60mlずつの飲み比べセットです。 日本で作られるボルドースタイルの最高峰だと思います。 2400円と高額のセットですが、ご興味のある方、ぜひお試しください。 よろしくお願いいたします。

日本ワインコンクール特集、今回は試飲なしでアイテム組んだので心配もありました。 特にキッコーマンのマンズワイン 「ソラリス千曲川メルロー2018」 グラス1杯1800円どうしても高額になってしまうので、もうそれは万が一いまいちだったら、飲み頃まだまだ先だったらどうしようと。 結果杞憂でした。 艶やかな黒みを帯びたルビー色。ブラックベリーやブルーベリ、ほどよく熟した果実のアロマ。クローヴやローリエのようなスパイスハーブ、樽由来のバニラ。酸がきれいに底支えし、タンニンも柔らかく、余韻もふんわりと広がります。 今飲んでも上品な果実味が楽し、、、
21 9月 2022

マンズワイン ソラリス千曲川メルロー2018

日本ワインコンクール特集、今回は試飲なしでアイテム組んだので心配もありました。 特にキッコーマンのマンズワイン 「ソラリス千曲川メルロー2018」 グラス1杯1800円どうしても高額になってしまうので、もうそれは万が一いまいちだったら、飲み頃まだまだ先だったらどうしようと。 結果杞憂でした。 艶やかな黒みを帯びたルビー色。ブラックベリーやブルーベリ、ほどよく熟した果実のアロマ。クローヴやローリエのようなスパイスハーブ、樽由来のバニラ。酸がきれいに底支えし、タンニンも柔らかく、余韻もふんわりと広がります。 今飲んでも上品な果実味が楽し、、、