Archive for the ‘本日のワイン’ Category

posted by |

2月の月末イベントは東北特集。早いもので、復興支援から初めて今回で9回目になりました。岩手や山形のワインを中心に、春の気配を感じる爽やかなワインをご紹介します。

東北ワインの一覧

1)山形・南陽市 酒井ワイナリー 

オレンジ「酒井 尉鶲(じょうびたき)2018」 1100yen

東北最古1892年創業のワイナリー。甲州を20日間皮ごと漬け込んで造る醸し発酵のワイン。皮由来の渋みと赤身がかったオレンジの色調。その色合いがワイナリーそばで見かける野鳥「尉鶲」の鮮やかな色合いを連想させることからのネーミング。弱発泡。

2)岩手・花巻市大迫町 高橋葡萄園

白「ミュラートゥルガウ2017」 1100yen

岩手県内のワイナリーで経験をつんだ後オーストリアへ醸造留学。その経験を生かし「柔らかいが芯のある」味わいを心がけ栽培醸造全て行う高橋氏。冷涼な気候を好むミュラー種の柑橘香溢れる爽やかな白。

3)岩手・陸前高田市 神田葡萄園  

白「ナイアガラ2017」 900yen

明治38年創業。震災の被害を乗り越え2013年からは新たに取得した醸造免許で自社醸造を行う東北きっての老舗。ナイアガラのみずみずしい香り、フルーティーさを生かしつつ辛口仕立ての軽快な白。

4)山形・上山市 タケダワイナリー

赤「サンスフル赤2015」 1000yen

日本を代表するワイナリーの一つ。健全な天童市のマスカット・ベーリーAだからこそできるサンスフル(酸化防止剤無添加)で造る赤。ぶどう本来の赤い果実と生き生きした酸が楽しめる力強い味わい。

5)岩手・花巻市大迫町 エーデルワイン

  赤「シルバー カベルネ・フラン2014」 1100yen

岩手県を代表する中堅、エーデルワイン。果樹栽培で日本有数の紫波町のカベルネフランを使い、古樽でゆっくり醸造。獅子唐のようなグリーンでスパイシーなニュアンスと紅茶のような甘い香り。

6)山形・上山市 タケダワイナリー

白「ドメイヌ・タケダ デラウェア樽熟成2017」 1650yen

タケダワイナリーが自社ぶどう100%で造る「ドメイヌ」を冠した上級クラスの白。カジュアルなぶどうであるデラを贅沢に樽で醗酵熟成。樽の魅力を帯びたデラウェアの華やかな芳香、長い余韻。2本限定。

合わせていただきたいのは、こちら「東北ゆかりのおつまみ特集」

「ドライフルーツ&ナッツ ブルーバター」 500yen

バーの大定番「岩手県小岩井レーズンバター」の豪華版。甘味とブルーチーズの塩味が絶妙。やみつき!

「冬陽(ふゆび)春菊と蓮根、カリカリしらす干しのサラダ」870yen  S 620yen

青森弘前の春菊。柔らかな葉先を摘んでサラダに。相性のよいごま油×しらす干しのドレッシングで。

「いぶりがっこポテサラ」 720yen

いぶりがっこの燻製香とクリームチーズのまったりとしたコク。ワインと相性◎。  

「仙台牛すね肉の赤ワイン煮込み」 1500yen S1000yen

葵定番の牛すね赤ワイン煮込みを贅沢に仙台牛で。赤ワインで3時間煮込んだとろける柔らかさ。

posted by |

先週に引き続き開催中の「真冬の赤ワイン特集」に本日から、バレンタインスペシャルとして新たに2種類オンリストしています。

一つはイタリア、ヴェネトの郷土的なワイン、アマローネ。 陰干しして甘味、密度が凝縮したぶどうから作られる濃厚な赤ワイン。甘いの?って思われる方多いですが、アルコール15度までもっていくドライ、かつまさに干しぶどうのニュアンスのフルボディ。 作り手はアマローネの名家マアジ社です。王道。 普段なかなかお出ししないタイプのワインなのでぜひこの機会にお試しいただければと思います。

もう一つ、こちらはビール。川越のクラフトブルワリー、コエドさんの「チョコレート・デュンケル」。2015年収穫のタンザニアのカカオをつかったカリフォルニアのチョコレートメーカーとのコラボビール。 「モルト由来のふくよかな甘味とカカオの芳醇な香味のバランス」とのこと。630ミリ瓶なので、数人でシェアするのもおススメです。

お待ちしております!

 

posted by |

1月の営業がイレギュラーになってしまったため、イベントを2月頭にスライドしました(その節はご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません)。

今回の特集ですが、飲み応えのあるワインを始め、全て赤ワインながら、個性の違うラインナップがオンリストできたと思います。フードメニューと一緒に味わうのもよし、ワインだけに向き合うのもよし、色々な楽しみ方ができるのではないでしょうか。是非ゆっくりとお楽しみください。

それではワインから・・

2月月初め 真冬の赤ワイン特集 ワイン一覧

1.イタリア エミリア・ロマーニャ  メディチエルメーテ / 微発泡・赤

「コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ」  900円

真紅の深い色合いが美しい、イタリアを代表するスパークリング(微発泡)、ランブルスコ。ブルーベリーやブラックベリーの果実の風味豊かな、若干の渋みを伴う辛口タイプ。

2.フランス ボルドー   シャトー・ラネッサン / 辛口・ミディアム

「シャトー・ラネッサン2002」 1300円

1793年から代々続くブテイエ家が所有し現在8代目、格付けボルドーに匹敵すると言われる実力シャトー。新樽、17年間の熟成を経て角が取れた丸みのある味わいで飲み疲れることがありません。

3.イタリア トスカーナ   テヌータ・オリヴェート  / 辛口・ミディアム~フルボディ

「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2006」 1300円

1997年がファーストヴィンテージのブルネッロにおいては新しいワイナリー、テヌータ・オリヴェート。レンガ色を帯びたルビー色で、腐葉土、ドライフラワー、なめし皮の落ち着いたアロマと、鮮やかな果実味、シルキーな渋み。モダンスタイルの良さが堪能できるブルネッロです。

4.カリフォルニア ナパ・ヴァレー  ジョセフ・フェルプス / 辛口・フルボディ

「イニスフリー2016」 1,600円

カリフォルニアワインの最高峰の一つ、ボルドースタイルの「インシグニア」。その弟分的存在イニスフリー。収穫量が多く、ぶどうの出来の良い年のみ限定で造られる希少なワイン。黒系果実のアロマに、アニスやスパイス、杉、カカオ等様々な要素。たっぷりとしたアルコール感と充実した余韻。

5.オーストラリア クレア・ヴァレー   キリカヌーン / 辛口・フルボディ

「キラーマンズ・ラン・シラーズ2016」 1,000円 

2010年代オーストラリアにおける最高峰のワイナリーの評価を受ける、カルト的なワイナリー、キリカヌーン。プラム、プルーン、リコリス、シナモン、カカオ、バニラといった甘く官能的な要素と豪州シラーズ特有のハーブのニュアンスが軽やかさも演出。濃密かつ爽やかなワイン。

そして、フードメニュー・・

「フィノデアロマ ダークチョコレート」 400円

ICCO(国際ココア機関)が定義する果実やスパイス、花の芳香と共にナッツの風味ある麦芽を思わせるようなアロマを持つカカオ豆、フィノデアロマを使った華やかなダークチョコ。エスプレッソ豆とドライフィサリス(酸味が特徴のトロピカルフルーツ)の2種盛り。

「菜の花のオイル溺れ煮」 500円

ほろ苦い菜の花をくたくたになるまでオリーブオイルで煮込んだ溺れ煮。なめらかな油分が赤ワインとぴったり。

「チーズフォンデュ風ディップ添え 野菜スティック」 820円 

4種のチーズを溶かしたフォンデュ風ディップの野菜スティック。

「エゾ鹿のパテ風ソーセージ」 1000円(S 620円) 

粗挽きのエゾ鹿肉を型に入れてオーブンで焼き上げて造るパテ風ソーセージ。

営業開始!

1月
2019
04

posted by |

 

本日4日より、2019年のワインバー葵はスタートです!

張り切って16時開店!閉店は未定!でいきますのでお気軽にお立ち寄りください!

お待ちしております!!

閉店時刻は早まるかと思います。ご来店の際はお電話でご確認下さい。

また、フードメニューは仕入れの都合上いつもより数品少なめになっています。気になる方はお問い合わせください。

posted by |

2018年、残るところあと2週となりました。

今年最後の月末イベント、本日より最終日29日まで開催します。

イベントのテーマはコレといったものはないのですが、試飲会などで記憶に残ったもの、またしばらく寝かせておいたもの、出し惜しみの日本ワイン、などなど。FINALとしたからには特におすすめのワインばかりを12種類セレクトしました。

途中でアイテム変更もありますが、まずはこの12アイテムでスタート。

どうぞお楽しみください。

2018月末イベントFINL

1.シャンパーニュ  デュヴァル=ルロワ  フランス/シャンパーニュ

「デュヴァル=ルロワ ブリュット・レゼルヴNV」    Glass¥1800 

シャンパーニュの中でシャルドネの産地として知られるコート・デ・ブランの特級、1級畑を中心に所有するファミリーメゾン。4ヴィンテージのブレンドで、柑橘の香り、いちじくやレモンのはっきりした果実とクリーミーな泡が調和したデリケートな余韻。試飲会で一目ぼれした泡です。

2.スパークリング  マルク・テンペ  フランス/アルザス

「クレマン・ダルザス ブリュット・ナチュールNV」    Glass¥1100

アルザスの巨匠マルク・テンペ。仏ワイン専門誌でも四つ星生産者に選出されるなどビオディナミ生産者の中でも極めて高い評価を獲得しています。日本向けにセレクトされたぶどうのクレマン。冷涼なアルザスならではの緑色帯びた柑橘の酸、引き締まった味わい。

3.白  ボー・ペイサージュ  山梨/北杜市

「TSUGANE シャルドネ2015 」    Glass¥1700

山梨の北西部、北杜市にある岡本氏のワイナリー、ボー・ペイサージュ。美しい景色という意味のワイナリー名は、畑のある津金の眺めから由来しており、この津金の全てを反映させたようなワイン造り、あるがままのその年その年を反映させたワイン造りを目指し、実践しています。とにかく美味しい、その一言に尽きます。個人的に今一番リリースが楽しみなワイナリーです。

4.白  ココファーム&ワイナリー  栃木/足利(北海道余市産ぶどう) 

「こことあるシリーズ2017 ぴのぐり」   Glass¥1500

適地適品種で栽培したぶどうを野生酵母で発酵させ、土地の味わいを大切に生かした、ココファームの「こことあるシリーズ」。ブルースさんの10Rワイナリーで醸造されたものです。雨が少なく乾燥した2017年を反映した引き締まった果実と酸。北のカラリとした爽やかさを感じる味わい。

5.白  ドメーヌ・ジャン・リケール  フランス/ブルゴーニュ

「ブルゴーニュ・ブラン ノーブルテロワール2016」   Glass¥1100

ブルゴーニュ白ワインの大御所。マコネ地区の複数の自社畑の中からその年最高の、特に高樹齢のぶどうを厳選しブレンドしてつくられるシャルドネ。控えめな樽のニュアンスと伸びやかな酸が心地よい品のある白。王道かつ満足感のある味わいです。

6.白  パスクアーレ・ペトレーラ・ワイナリー  イタリア/プーリア

「ファタローネ プーリア・ビアンコ スピノマリーノ2017」   Glass¥950

18世紀の創業以来ずっと畑も醸造も家族で続けてきたワイナリー。南イタリアの太陽の恵みを受けた、輝く黄金色、青リンゴやパイナップル、黄色い果実、華やかで蜂蜜のニュアンスも。きれいな酸とミネラル感もある、まろやかな味わい。

7.赤  小布施ワイナリー  長野/小布施

「ソガペールエフィス クロ・ド・カクトー シラー2016」 Glass¥1100

小布施ワイナリーが信頼を寄せる隣人、佐藤氏が栽培するシラーを原料に、その個性を最大限に生かして造った赤。シラーといっても濃厚系ではなく、柔らかく、透明感のある旨味のなかにスパイスのニュアンスが感じられる1杯。

8.赤  ドメーヌ・タカヒコ  北海道/余市

「ナナツモリ ピノ・ノワール 2015」    Glass¥1700

自社畑「ナナツモリ」ではピノ・ノワールのみにかけビオで栽培。志高い独自のワイン造りの姿勢で日本のワイン造りを牽引する一人です。開けたての驚くほどの薄い色合いが時間と共に濃く変化し、同時に香り、旨みも様々な様子を呈してくる。優しくみえて、非常に芯の強い圧倒的な旨みはさすが!間違えようもない、ドメーヌ・タカヒコのワインです。

9.赤  タケダワイナリー  山形/上山市 

「KAMIOGINOTO 843-5 赤・樽熟成 2016」    Glass¥1100

2014年のファーストヴィンテージから大好きなワインで、やっとご紹介できます。天童市にある「花輪農園」さんのベリーAのみを使用し、「ドメイヌ・タケダ ベリーA古木」と同じ造り。華やかな香り、果実と酸の絶妙なバランス、柔らかな味わい。ベリーAの良さが全開です。

10.赤  シャトー・レ・トロワ・クロワ  フランス/ボルドー

「シャトー・レ・トロワ・クロワ2014」   Glass¥1200

元シャトー ムートン・ロートシルトの醸造長「パトリック・レオン」氏が手掛けるワイナリー(オーパス・ワンやアルマヴィーヴァも!)。メルロー主体で造られ、樽熟成も15か月以上。プラムやカシス、ハーブのニュアンス。適度な果実味と柔らかなタンニン。満足感のあるボルドーです。

11.赤  ルイージ・オッデーロ  イタリア/ピエモンテ

「ルイージ・オッデーロ ランゲ・ネッビオーロ2015」  Glass¥1350

とある試飲会で、複数のランゲ・ネッビオーロを飲み比べ、オンリストした1本です。野生酵母で発酵させたワインを短めに樽熟成、ブドウの素直な味わいが感じられます。ドライフルーツやドライフラワーのアロマ、程よい果実と穏やかなタンニン。大ぶりのグラスでゆっくりと・・

12.赤  ピーチキャニオンワイナリー  カリフォルニア/パソロブレス 

「インクレディブル レッド2015」     Glass¥950

明るく、パワフルで少しだけ上品なワインです。ジンファンデルから造られるこのワイン、良い意味でカリフォルニアらしい味わい。豊かな果実味、ブラックベリーやプラム、シナモン、八角、コーヒー、バニラ・・かといってだらしなすぎない。飲み応えのある、楽しいワインです!