Archive for the ‘本日のワイン’ Category

posted by |

「カリフォルニアワイン」特集、第2週目のワインをご紹介。

今週は、ロゼ、白、赤で計6種。飲み逃し注意です!!

ロゼワイン   

生産者 ストルプマン・ヴィンヤード Stolpman Vineyards   産地 サンタ・バーバラ

「パラ・マリア・ロゼ2017 Para Maria Rose2017」 950円

サンタ・バーバラの中で内陸に位置するサンタ・イネズ・ヴァレー。比較的気温が高いことからローヌ、ボルドー系のぶどうが栽培されます。そこで秀逸なシラーの栽培で知られるストルプマン。あえて収穫を早め、綺麗な酸の残るシラーを中心にカベルネをブレンドし造られるロゼ。トロピカルでフルーティー、樽由来の柔らかさも味わいに深みをもたらしています。

白ワイン 

生産者 ジラード・ワイナリー Girard Winery  産地 ナパ・ヴァレー

「ジラード ソーヴィニヨン・ブラン Girard Sauvignon Blanc2017」 1000円

ナパの今日の名声を支える堅実なワイナリーの一つ、ジラード。華やかな香りと深い味わいというナパの特徴を十分に表現したワイン造りを行っています。セントヘレナ地区の完熟したソーヴィニヨン・ブランをステンレスで発酵熟成。レモンやライムの柑橘の香りとメロンのようなリッチな味わい、クリスピーな酸が心地よいワイン。

白ワイン 

生産者 オー・ボン・クリマ・ワイナリー Au Bon Climat Winery  産地 サンタ・バーバラ

「シャルドネ ミッションラベルChardonnay Mission Label2016」 1250円

カリフォルニアにおけるブルゴーニュスタイルワインで世界的に有名なABC。ブルゴーニュのワインの神様アンリ・Jに師事したジム・C氏が古典的な手法と抜群のセンスでつくるワインはいずれもエレガント。豊かな酸が可能にする徐々に開く香味、長い余韻。柑橘のニュアンスから始まり、ナッティーでバターのような丸く伸びる味わいが口中に広がります。

赤ワイン

生産者 ロドニー・ストロング・ヴィンヤーズ Rodoney Storong Vineyards  産地 ソノマ

「ロドニー・ストロング メルロー2015 Rodoney Storong Merlot 2015」 1100円

1962年の創業となる、ソノマの老舗ワイナリー。現在オーナーは変わっているものの、創業以来の「良いワインは、良いブドウから」の精神を引き継ぎ、更なる進歩を遂げています。アレクサンダーヴァレーにある自社畑のブドウを始め、ソノマ内他のエリアから合計16か所のブドウをブレンド。プラムやベリー系の香り、黒い果実を思わせる果実味、樽熟成由来のバニラや焦がした風味をしっかりとした余韻と共に楽しめる、柔らかでボリューム感のあるワイン。

赤ワイン

生産者 シュグ・カーネロス・エステート・ワイナリー Schug Carneros Estate Winery  産地 ソノマ/カーネロス

「シュグ ピノ・ノワール・カーネロス2016  Schug Pinot Noir Carneros 2016」 1500円

元々ドイツでワイナリーを運営していたシュグ家。先代のウォルター・シュグ氏が世界各地でワイン造りを学び、ナパを代表するワイナリー、ジョセフ・フェルプスで醸造責任を果たした後1980年に自身のワイナリーをカーネロスに立ち上げました。明るい味わいが多いカリフォルニアにおいて、欧州スタイルのクラシックな作りが特徴。赤黒系のふくよかな果実味、複雑さ、骨格がありエレガント。ヨーロッパらしさとニューワールドらしさ、ピノのよいところを両方兼ね備えたワイン。

赤ワイン 生産者 ケークブレッド・セラーズ Cakebread Cellars 産地 ノースコースト

「ベイクストーン・セラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン2015 Bakestone Cellars Cabernet Sauvignon2015」 1500円

ナパカベルネ中でもトップワイナリーに挙げられるケークブレッドセラーズ。カリフォルニアワインの垂涎の1本「ダンシングベアーランチ・カベルネ」のセカンドワインであるベイクストーンは、ナパ、ソノマなどを含む広域のノースコーストの複数の畑のカベルネをブレンドし造られます。夜間に手摘み収穫された厳選のカベルネを18か月樽熟成。口に含んだ時の圧倒的な黒いボリューム感、その後に均整のとれた酸と渋みが果実味を支え、長く続く余韻を楽しませてくれます。

お待ちしております!

 

 

posted by |

5月は毎年恒例のカリフォルニアワイン特集です。7日からスタートし、27日の第4週目まで、毎週違うカリフォルニアワインをオンリストします。世界一人気の産地ともいえるカリフォルニア、毎週通えばカリフォルニアワイン通になれるかも!?お楽しみください!!

カリフォルニア1週目 グラスワイン一覧

スパークリング  

 生産者 グロリア・フェラー  産地 ソノマ・カーネロス

「グロリア・フェラー ブラン・ド・ノワール Gloria Ferrer Blanc de Noirs」 1200円

スペインの世界最大手スパークリングメーカー、フレシネ社の会長が設立したグロリア・フェラー。ソノマ、カーネロスに自社畑を所有し、泡を知り尽くしたメーカーならではの親しみやすくコスパに優れたワインを造っています。ピノメイン由来の赤いベリー系のフレッシュな味わい、爽快な泡、最初の1杯に最適。

白ワイン 

生産者 シュグ・カーネロス・エステート・ワイナリー  産地 ソノマ・カーネロス 

「シュグ ソーヴィニヨン・ブラン2017 Schug Sauvignon 2017」 1100円

元々ドイツでワイナリーを運営していたシュグ家。先代のウォルター・シュグ氏が世界各地でワイン造りを学び、ナパを代表するワイナリー、ジョセフ・フェルプスで醸造責任を果たした後1980年に自身のワイナリーをカーネロスに立ち上げました。明るい味わいが多いカリフォルニアにおいて、欧州スタイルのクラシックな作りが特徴。柑橘系の爽やかさ、クリーンで余韻に丸さを感じるエレガントSB。

白ワイン 

生産者 サンタ・バーバラ・ワイナリー Santa Barbara Winery   産地 サンタ・バーバラ 

「サンタ・バーバラ・シャルドネ2017 

Santa Barbara Chardonnay2017」 1000円

1962年、禁酒法以降のサンタ・バーバラで初めて創立されたワイナリー。冷涼で海流の影響を受ける同エリア内でも最高のロケーションに畑を所有し、南国の雰囲気を持ちつつも酸の細やかなワインを生産します。洋梨やパイナップルのようなトロピカルな果実味とリッチな樽香、酸味が底支えし、余韻も長くふっくら。

赤ワイン

生産者 カレラ Calera   産地 セントラル・コースト

 「J.Jセレクション ピノ・ノワール2016 

Josh Jensen Selection Pinot Noir Central Coast2016」 1500円

「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と称され不動の人気を誇るカレラ。そのオーナー、ジョシュ・ジェンセン氏の名を冠したスペシャル・キュヴェ。マウント・ハーランの自社畑他、セントラル・コーストの厳選された複数の畑のブレンド。熟した果実の凝縮感と爽やかな酸味。滑らかな口当たり。ふくよかでエレガント。

赤ワイン 

生産者 デコイ Decoy(Duckhorn Wine Company)   産地 ソノマ

「デコイ メルロー2016 Decoy Merlot2016 」 1100円

カリフォルニアにおけるメルローの第一人者であるダックホーン。1976年に夫婦で設立、ブレンド用としか認知されていなかったメルローを主体にしたワインで大成功を収めました。そのダックホーンのセカンドワイン的な立ち位置からスタートし、現在は確立した1つのブランドとなっているデコイ。ソノマ、アレキサンダーヴァレーの自社畑のメルローを使用。黒い果実感とダークチョコレートのようなアロマ。細かい渋みとスパイシーさがアクセントになった充実した飲み応えのメルロー。

 

そして、フードメニュー

「ピリ辛トマトサルササラダ」  720円 

フレッシュトマトに青唐辛子のピリッとした辛さがアクセントのサルサ。そのサルサでボイルした緑野菜をマリネし、爽やかでキリッとした味のサラダにしました。

「マカロニチーズ」  750円

「アメリカの国民食」とも称されるマカロニチーズ。あえて柔らかく茹でたマカロニにからむアメリカンチェダーチーズ。まさにカリフォルニアワインのための濃厚な一皿。

「フェジョアーダ 赤ワインピラフ添え」  1250円(S 820円)

主に南米でポピュラーな豆と肉の煮込み料理「フェジョアーダ」。カリオカ豆という現地で使用される豆を取り寄せ、塩漬けした豚肩肉、野菜、スパイスと煮込みました。赤ワインで炊いたピラフを添えて、メインにも、ご飯代わりにもなるかと思います。

「チーズ盛り合わせ プルーン・アプリコットのジャム添え」 1350円

カリフォルニアのチーズではありません。「カリフォルニアワインに合うチーズ」の盛り合わせです。

イタリアのゴルゴンゾーラ、フランスのマロワル(ウォッシュ)、スペインのマンチェゴ(羊乳のセミハード)。移民国家アメリカにふさわしい?多国籍なチーズプレートです。

posted by |

新緑の季節にあわせ、清々しく爽やかな白ワイン品種、ソーヴィニヨン・ブランの特集です!グリーンで柑橘のニュアンスの定番のものから、しっとり落ち着いた丸みを感じるものまで。3か国6種のソーヴィニヨン・ブランを飲み比べてみて下さい!

ニュージーランド マールボロ ヴィラ・マリア

「セラーセレクション ソーヴィニヨン・ブラン2017」  1000円/ ハーフ600円

現在世界で主流となっている、華やかなグレープフルーツやハーブの香りが前面にでたスタイルのソーヴィニヨン・ブランをまさに体現したワイン。クリーンで瑞々しい、ニュージーSBの典型。

2.ニュージーランド マールボロ フォリウム・ヴィンヤード

「フォリウム・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン2017」 1300円/ ハーフ750円

NZで活躍する日本人ワインメーカーの1人、岡田岳樹氏が造る新しいスタイルのSB。典型的なSBスタイルに固執せず、自然に醸し出す穏やかな味わいが特徴。淡い黄色や白の果実のニュアンスで長い余韻。

3.日本 長野 シャトー・メルシャン

「椀子ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン2017」 1200円/ ハーフ700円

千曲川沿いの丘陵地、メルシャンのハイクラスワインを産み出すマリコヴィンヤード。好天に恵まれ自然に凝縮したブドウから、爽やかな酸味と柑橘、熟したパッションフルーツの香り。

4.日本 山梨 シャトレーゼ勝沼ベルフォーレワイナリー

「勝沼ソーヴィニヨン・ブラン2017」 1200円/ ハーフ700円

山梨の中堅、シャトレーゼ。勝沼町で格付け地区ともいえる、菱山・鳥居平地区の自社畑のぶどうを使用。グリーンでハーバル、アルコール感の厚みも加わり、バランス感に富むソーヴィニヨン・ブラン。

5.フランス ロワール ドメーヌ・ティボー(アンドレ・ドゥザ)

「ドメーヌ・ティボー プイィ・フュメ2016」 1100円/ ハーフ650円 

仏が誇るソーヴィニヨン・ブランの格付け産地、ロワールのプイィ・フュメ。火打石の香り、と言われるスモーキーさとピュアなシトラスグリーンの果実味。滑らかで心地よい余韻。クラシックSBのお手本的存在。

6.フランス ボルドー シャトー・ヴィラ・ベレール  

「シャトー・ヴィラ・ベレール・ブラン2015」 1100円/ ハーフ650円

フレッシュフルーティー全盛のSBの中で、白かびや蜂蜜、樽のこっくりした充実感ある伝統スタイルを守るボルドー、グラーヴ地区。セミヨン種をブレンドし、ふくよかさと厚み、心地よい酸味の絶妙な味わい。

そして、フードメニュー

1.「アスパラガスの黒ゴマきんぴら」  500

しゃきしゃき食感とグリーンな風味を生かした、ありそうでちょっとめずらしい?アスパラのきんぴら。

2.「やりいかの塩麹コンフィ サラダ仕立て」  950円 / S720

柔らかなやりいかを塩麹でマリネしてからコンフィに。ハーブ、ディルが味わいの決め手のサラダ仕立て。

3.「塩レモンチキンソテー」  950円 / S720

塩漬けの瀬戸内レモンで調味した鶏もも肉のソテー。爽やかなレモンの香りはSBにぴったり。

4.「ソーヴィニヨン・ブランのためのチーズ3種盛り合わせ」  1300

那須で造られる旬の山羊チーズ、ハーブが効いたフレッシュ、オリーブとあわせたピンチョスの3種盛り。

お待ちしております!!

posted by |

毎年恒例のロゼワイン特集。葵側としては「もう、春だな。今年の桜はどうかな・・」ってな具合に、春の訪れを感じるイベントになってます。相変わらずの、世界中のワインとおつまみ。何がしたいの?といった突っ込みは無にして、ロゼワインの懐の深さを楽しんで下さい!それと今回はオレンジワインも登場する予定ですのでお楽しみに。

ロゼワイン 一覧

それではワインから

1.日本 山梨県 五味葡萄酒 / やや辛口・フレッシュ

「Tao 甲州桜花 2018」  1000円

化学肥料や殺虫剤を使わない、サスティナブル農法でブドウを栽培しています。この「桜花」は甲州種を使用し、スキンコンタクトを行うことで桜色のワインに仕上げた、桜色の白ワイン。甲州の爽やかさに果皮由来の味わいが加わっています。

2.フランス プロヴァンス トリエンヌ/ 辛口・軽やか

「トリエンヌ ロゼ2018」 800円

ブルゴーニュのドメーヌ・デュジャックとDRC社のヴィレーヌ氏、という偉大な生産者が見初めたプロヴァンスの畑から造られる両氏によるコラボのロゼ。明るいチャーミングな果実味が南仏のイメージそのもの。

3.ギリシャ マケドニア・ナウサ地区  ドメーヌ・ティミオプロス / 辛口・軽やか~ミディアム

「ロゼ・ド・クシノマヴロ2016」 950円

ギリシャ北部のワイン。クシノ=酸、マヴロ=黒い、という意味を持つギリシャ、マケドニア固有の品種クシノマヴロを使用。樽を使わない旨味を意識した造りで、芯がしっかりある、薄旨系の染み入る味わい。

4.イタリア プーリア バスクアーレ・ペトレーア・ワイナリー / 辛口・軽やか~ミディアム

「ファタローネ・プーリア・テレス2017」 950円

本来プリミティーヴォ種は飲み応えのある赤ワインになることが多いのですが、今回はロゼワインに。フリーランジュースのみを使用し、明るく透明感のあるフレッシュで、詰まった旨みがある逸品。

5.ジョージア カヘティ地方 ギウアーニ / 辛口・ミディアム

「ムツヴァネ クヴェヴリ」 1,000円 

これだけ「オレンジ・ワイン」です。収穫したブドウを、地中に埋めたカメで醸した後に発酵。さらにカメのまま発酵状態で5か月、発酵終了後に5か月の熟成。最後に樽で熟成するという面白いワインです。リンゴや桃の香り、穏やかな果実味と後味のほろ苦さ。エキスの詰まった味わい。

≪数量限定≫ 山梨 ドメーヌ・ポンコツ   / やや辛口・軽やか

「おやすみなさい2018」 1,000円

今では、すっかり人気者になった「ドメーヌ・ポンコツ」。数本の入荷だったのであるだけで終わりです。巨峰や甲斐路を主体にしたロゼ泡。イチゴやザクロ、ヨーグルトの香りも。柔らかで旨い、染み入る1杯。

続いて「フード」メニュー

1.「ヤムウンセン」  980円 S720円

ロゼ特集の大定番。タイのピリ辛春雨サラダ。

2.「ジョージア(グルジア)風水餃子」 480円(3個)から

自家製のもちもち皮から溢れる肉汁!パクチー、チリパウダーのオリエンタルな味わい?

3.「鶏つくねと春野菜の炊き合わせ」 720円 

お出汁がしっかり効いた炊き合わせ。いんげん、蕗など、お出汁しみしみ。 

4.「うどのスパニッシュ風オムレツ」 720円 

只今の季節メニューからピックアップ。うどの風味とロゼは抜群の相性

posted by |

2月の月末イベントは東北特集。早いもので、復興支援から初めて今回で9回目になりました。岩手や山形のワインを中心に、春の気配を感じる爽やかなワインをご紹介します。

東北ワインの一覧

1)山形・南陽市 酒井ワイナリー 

オレンジ「酒井 尉鶲(じょうびたき)2018」 1100yen

東北最古1892年創業のワイナリー。甲州を20日間皮ごと漬け込んで造る醸し発酵のワイン。皮由来の渋みと赤身がかったオレンジの色調。その色合いがワイナリーそばで見かける野鳥「尉鶲」の鮮やかな色合いを連想させることからのネーミング。弱発泡。

2)岩手・花巻市大迫町 高橋葡萄園

白「ミュラートゥルガウ2017」 1100yen

岩手県内のワイナリーで経験をつんだ後オーストリアへ醸造留学。その経験を生かし「柔らかいが芯のある」味わいを心がけ栽培醸造全て行う高橋氏。冷涼な気候を好むミュラー種の柑橘香溢れる爽やかな白。

3)岩手・陸前高田市 神田葡萄園  

白「ナイアガラ2017」 900yen

明治38年創業。震災の被害を乗り越え2013年からは新たに取得した醸造免許で自社醸造を行う東北きっての老舗。ナイアガラのみずみずしい香り、フルーティーさを生かしつつ辛口仕立ての軽快な白。

4)山形・上山市 タケダワイナリー

赤「サンスフル赤2015」 1000yen

日本を代表するワイナリーの一つ。健全な天童市のマスカット・ベーリーAだからこそできるサンスフル(酸化防止剤無添加)で造る赤。ぶどう本来の赤い果実と生き生きした酸が楽しめる力強い味わい。

5)岩手・花巻市大迫町 エーデルワイン

  赤「シルバー カベルネ・フラン2014」 1100yen

岩手県を代表する中堅、エーデルワイン。果樹栽培で日本有数の紫波町のカベルネフランを使い、古樽でゆっくり醸造。獅子唐のようなグリーンでスパイシーなニュアンスと紅茶のような甘い香り。

6)山形・上山市 タケダワイナリー

白「ドメイヌ・タケダ デラウェア樽熟成2017」 1650yen

タケダワイナリーが自社ぶどう100%で造る「ドメイヌ」を冠した上級クラスの白。カジュアルなぶどうであるデラを贅沢に樽で醗酵熟成。樽の魅力を帯びたデラウェアの華やかな芳香、長い余韻。2本限定。

合わせていただきたいのは、こちら「東北ゆかりのおつまみ特集」

「ドライフルーツ&ナッツ ブルーバター」 500yen

バーの大定番「岩手県小岩井レーズンバター」の豪華版。甘味とブルーチーズの塩味が絶妙。やみつき!

「冬陽(ふゆび)春菊と蓮根、カリカリしらす干しのサラダ」870yen  S 620yen

青森弘前の春菊。柔らかな葉先を摘んでサラダに。相性のよいごま油×しらす干しのドレッシングで。

「いぶりがっこポテサラ」 720yen

いぶりがっこの燻製香とクリームチーズのまったりとしたコク。ワインと相性◎。  

「仙台牛すね肉の赤ワイン煮込み」 1500yen S1000yen

葵定番の牛すね赤ワイン煮込みを贅沢に仙台牛で。赤ワインで3時間煮込んだとろける柔らかさ。