posted by |

こんばんは。

今、葵で開催中の「ご当地ワイン」。今回は全国のワインとチーズを紹介しています。

その中で特に評判がよいのが「奥出雲ワイン」。そしてチーズは「ルーラルカプリ フロマージュブラン」。

 

奥出雲は名前のとおり、島根にあるワイナリー。乳製品で有名な「木次乳業」さんが手がけるワイナリーなのですが、数年まえから評判はちらほら。今回取り上げているシャルドネ、が特に評価が高いワインです。

私、個人的に木次乳業は以前から知っていて興味があり、というのもチーズの勉強をしていた時、「木次乳業のノンホモ牛乳(普通の牛乳と違い、脂肪分を細かく分解していない、しぼりたての乳に近い風味を保っている牛乳)」は美味しいよ」ってよく聞いていたので。そんな過去の経験もあり、とても良い印象がある会社なので、そこが手がけるワインだって知って俄然興味がわいたのです。

奥出雲っていう、ちょっと日本古代の雰囲気を彷彿とさせるラベルも印象的なワイン。日本の白ワインの中でもトップクラスの樽がしっかり効いたシャルドネなのではないでしょうか?以前も同じシャルドネをヴィンテージ違いで飲んだことがあるのですが、その時よりも樽の風味が溶け込んでいてケバケバしくない、上品な樽の風味。クリーミーで香ばしさもありとても美味しいです。

 

 

 

 

そしてチーズ。

ルーラルカプリさんは岡山にある山羊乳専門の牧場。山羊ミルクって嫌煙される方も多いですが、ぜひここの山羊ミルク、ヨーグルト、そして今回お出ししているフロマージュ・ブランというチーズは試していただきたい!

本当にフレッシュな山羊のミルクならではの甘みと酸味が清々しい、とても美味しい、そしてヘルシーなものばかり。

ルーラルカプリは小林さんという男性が手がけているのですが、ホームページを見ても本当、山羊を愛してやまないんだろう、ってことがよーくわかる、素敵な方です。

山羊はミルクや食肉としてだけでなく、環境問題や人の情操教育、そして母乳に代わる唯一のミルクである、などなど、山羊を通して世の中の役に立つことを続けていきたい、という信念の持ち主。

で、絶対、仕事を離れたところでも、山羊好きでしょ?って突っ込みたくなるほど、山羊に対する愛情がちらほら。

その証拠ともいえる「ルーラルカプリホームページ」、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。まるで我が子の写真を見せびらかすかのごとく、小林さんのカワイイ山羊で溢れてます。(まわしものじゃありませんよー)

 

てな感じで、いつもなら山梨や長野、北海道に集中しがちなワイン&チーズですが、今回は中国地方がアツい感じになっています。情報によるとこれからいくつか新しいワイナリーも誕生するそうだし。(パン屋のアンデルセンさんが出資したワイナリーとか…)

葵夫婦は残念ながら縁がない地方なので、お客様でお詳しい方いらしたら、ぜひこの辺りの情報お知らせください。