器のこと

1月
2013
29

posted by |

こんばんは。

先日の日曜日、半年ぶりに新しい食器を買いに行ってきました。

というのも、悔しくも割ってしまい数が少なくなってしまったものの補充と、あと、ホットワイン用のカップの追加購入。

ここのところ毎日寒いからかホットワインがほんとーによく出るのです。

(カップが足りなくてお出しできない、なんてことも、、お恥ずかしい、、、。)

私個人が器好きなのもあって、新しい器を選んで買うのって、至福のひととき。

今回は今まで扱ったことのない黄色のものとかも選んだりしました。使うのが楽しみです♪

 

時々お客様から「素敵な器ですね」ってお褒め頂くこともあったりして、かなり嬉しい。仕事冥利に尽きる?ってうちはワインバーですが、それに近い感覚(^^)

そんな食器類ですが、私たちは大江戸線・若松河田駅(東新宿の隣の駅)にある「備後屋」さんというところを主に利用させて頂いています。

ここ、器屋さんではなくて本来は「民芸品」のお店。

日本各地の民芸品、例えば和紙とか、皮細工、木工品、布類、あと郷土色豊かなおもちゃや置物などなど。(葵レジ前の「招き猫」もここの出身です)

好きな人にはたまらない!とてもとても楽しい、素敵なお店です。個人的には数時間いても飽きない飽きない!

 

そんな備後屋さんに並んでいる、日本各地の器類、砥部焼、丹波焼、小鹿田焼…。これらを葵では日々使わせて頂いています。

器が素敵だとお料理も美味しく感じて頂けるはず!!と期待も込めて。

 

備後屋サン、気になる方は是非行かれてみて下さい。こんな素敵なものが日本各地にはあるのかぁ、と感心しますよ。