ものすごく合う

12月
2013
12

posted by |

こんばんは。

今週開催している「小布施ワイナリー&ドメーヌ・タカヒコ」特集。

の中からピックアップ。葵ではめったにやらない「日本酒」を今回はお出ししています。

 

お客様にご案内しても皆様「ん??あ、日本酒なの?」って具合でなんでワインバーで日本酒、という違和感があるらしく、想像より反響が薄いのですが…。

(私たちが勉強不足でいまいち上手くご案内できてないんだろうな、と猛反省。)

 

長野小布施にある小布施ワイナリーさんは、今でこそ日本を代表するワイナリーのひとつですが、事の起こりは日本酒の造り酒屋から。

明治時代に創業、が、戦争の影響で原料米を確保できず廃業しワイン、シードル作りに転向。その後昭和30年代、廃業した蔵としては異例ながら日本酒製造免許を再び得て、以来、どんなにワインで有名になっても家訓というか曽我家の支柱として続けている、そんなヒストリーを抱えた日本酒なのです。

 

小布施ワイナリーの日本酒は何種類かあるのですが、今回は「ソッガ・ペール・エ・フィス SEPT ミヤマニシキ2012」というものを。

長野県産の美山錦米と小布施の仕込み水、そして「7号系酵母」で仕込まれる酒。(ちなみに、大正キモト、生酒の純米吟醸原酒、です)

もう、細かい説明は力量不足でできないので省きます、すみません。

いわゆる「酒臭い!」って感じの濃い強い香りと主張は弱く、フルーティーでコロコロ入っていく感じ、といいますか。アルコール度数16%を感じさせない、穏やかで上品な雰囲気です。

お店では冷でおだししているのですが、先日これにおつまみ「洋梨ゴルゴンゾーラ」がものすごく合う!と喜ばれていた方がいらっしゃいました。

洋梨にバター&ブルーチーズをのせてオーブンで焼いたもの×日本酒。

本当実際にやってみないと思いつかない組み合わせですが、確かにSEPTのもつ梨のような香りと甘味は、ぴったりです。

お店としては敢えて狙ってたわけではない、たなからぼたもち的な組み合わせですが、ものすごくあうので、ぜひ試してみて下さい。

ご自宅にある日本酒でやってみてもいいけど、、、今週中なら葵でお試しいただけます!ぜーひ!