posted by |

こんばんは。

先日のスペインワインに続き、師走スペシャルとしてマグナムボトル、第2弾やります!

今回は葵でも初登場のロゼワイン、初登場にしていきなりマグナムです。

「ティエリー・ピュズラ ヴァンクール・ロゼ2010」

フランス北西部、ロワール川沿いの広大なワイン産地、ずばり「ロワール地方」のワインです。ロワールと言えば近年自然派ワインのさかんな地域。その筆頭ともいわれる造り手がこのワインを手掛ける「ティエリー・ピュズラ」氏。日本での昨今のビオワインブームの先駆けを造った一人とも言え、ワイン業界の中での有名人(?)です。自然酵母で醗酵、無濾過で瓶詰、酸化防止剤使用の抑制……と、一言でいうと「ビオ」なワインを造ります。

ビオワインってちょっとクセがあったり、香りがアウトだったり、味のバラつきが激しかったり…なんて思っていた時代もありましたが、最近のビオは本当に美味しいものが増えている気がします。そんな風に思ったきっかけとなったのもピュズラ氏のワインだったりして思い入れがあるんです。

で、今回のロゼはネーミング通り(COEURクール=ハート)のハートのラベルとオレンジがかったピンクの顔の可愛らしいワイン。(実物はマグナムなのでデップリしちゃってますが…)

ロワールではよく栽培されるカベルネ・フラン、ガメイ、グロローという3種のぶどうから造られています。サクランボやプラムのような赤い小粒の果物のニュアンスときれいな酸、すっきりした口当たり、ほんのり甘味があって、軽やかですが旨味たっぷり。ジューシーなロゼワインです。

女子受けすること間違いなし!っていうワインですが、おじさま方もぜひご賞味下さい。乾燥しているこの季節、のど越し軽やかなロゼ、体に染み入りますよ。

本日20日よりマグナム(1.5㍑)1本のみなので、12~13人分の限定です!早い者勝ち、お待ちしています!