posted by |

先月参加してきた「国産ワインコンクール」

日本では最大規模のコンクールで今年は700種以上のワインが出品されていました。それらを国内外のプロフェッショナルな立場の審査員が審査。「欧州系品種」や「国内改良等品種」「スパークリング」などの部門に分け、金、銀、銅の各賞を選別します。

それらの受賞ワイン、最近は受賞するや否や一気に人気が集中し、入手困難になってしまう…なんてこともあるのですが…。

明日、24日より28日土曜日まで、受賞ワインの中から「これは!」と感銘を受けたものを中心に5種類、特集組んでご紹介します。

 

 

①山梨・大和葡萄酒『リュギースパーク番ィ』(スパークリング・辛口)   グラス¥950

≪スパークリング部門 銀賞≫

日本を代表する品種「甲州」から造られた、旨味とキレのある爽やかなスパークリング。

 

②長野・シャトー・メルシャン『シャトー・メルシャン・マリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン2012』 (白・辛口・すっきり)    グラス¥950

≪欧州系品種 白部門 金賞≫

メルシャンが全身全霊を込めて造りだす長野の自社畑「マリコ・ヴィンヤード」。そこで収穫されたソーヴィニヨン・ブラン、若草の様な品種の個性がちゃんと表現されています。

 

③長野・山辺ワイナリー『シャルドネ樽熟成2011』 (白・辛口・ふくよか)    グラス¥1,200

≪欧州系品種 白部門 銀賞≫

葵初登場の山辺ワイナリー。松本の東に位置します。日本では珍しい、樽の風味がしっかり効いたクリーミーなシャルドネです。

 

④山形・朝日町ワイン『マイスターセレクション2011 バレルセレクションルージュ』 (赤・辛口・フルーティー)   グラス¥900

≪国内改良等品種 赤部門 銀賞≫

今年のコンクールで最も活躍したワイナリーの一つ、朝日町。マスカット・ベリーAを主体にした華やかな味わい。

 

⑤長野・サントリー 塩尻ワイナリー『サントリー・ジャパンプレミアム 塩尻メルロ2004』 (赤・辛口・コクあり)   グラス¥1,500

≪欧州系品種 赤部門 銀賞≫

大手だからこそできる「長期熟成」。経年によって渋味、酸味がこなれふくよかな味わいに。今まさに飲み頃を迎えた日本のメルロー、です。

 

あわせて、おつまみ。

今回は「日本の定番おかず」を意識しご用意しました。せっかくだから日本ワイン×普通のおかず、試してみて下さい。

①「酢の物~長ねぎ・蓮根・菊の花」  ¥500

長ねぎと蓮根を焼き付け、菊花酢に漬けました。香ばしい&秋色です。

②「きんびらごぼう」  ¥350

大・大・大定番!!日本のワイン、特に赤にはぴったりです。

③「筑前煮」  ¥700

これまた定番。里いも、人参、ゴボウ、こんにゃく等、秋の味覚をたっぷりと。

④「日本のチーズ 盛り合わせ」 ¥1200

北海道&大分より。白カビ、ブルー、ウォッシュ、とヴァラエティー豊かな3種類。

 

写真…しばしお待ちください!用意出来次第、更新してアップします。